Radke - 名刺のデザイン依頼

名刺のデザインは依頼する?ポイントと予算、自分で作るときの便利ツール

ビジネスマンにとって会社や自分の顔とも言える名刺はとても大切なものです。
名刺によって大きなインパクトを与えられれば相手に好印象を与えることが出来ますし、それがいろんな面で役立てられ仕事が舞い込むようになるかもしれません。
それほど、名刺というのはビジネスマンにとって大切なものですが、名刺を作るときはどんなデザインにしたらいいのか、どこに依頼したらいいのか、どんなことに注意したらいいのかなどについて見ていきましょう。

▼ 目次

名刺の印象は?デザインはどんなものが良いの?

まず、名刺というのは相手にどんな印象を与えたいかということを考えて作らなければなりません。
それによってデザインやレイアウト、文字の大きさや太さなども変わってくると言われています。
名刺のデザインを仕事にしている人はこのことについて知っている人は多いですが、一般の人の場合は知らない人が多いと思います。
極意を心得ていれば自分で名刺のデザインを考えるとしても容易いのでしょうが、極意を知らない人の場合は簡単でシンプルな名刺を作ってしまうことが多いです。
シンプルな名刺がいけないということはないのですが、デザインがありきたりなものになってしまうと相手に自分の印象を強く残すことが出来なくなってしまう恐れがあります。
そんなときは、シンプルでも印象に強く残るようなマークやイラストなどを使って、周りの人とは違った名刺で印象を与えてみるといいでしょう。

オリジナルの名刺が欲しくても自分で作れない場合は依頼しよう!

ビジネスマンには名刺が必要で、自分で名刺を作らなければならない場合はどうしたらいいのでしょうか。
自分で名刺を作ることができない場合は、名刺のデザインを考えてくれる制作会社にデザインを依頼して制作してもらうのがおすすめですよ。
デザインを考えてもらえばオリジナルで名刺を作れますし、自分で名刺のデザインを考える必要もないため手間を省くことができるでしょう。
最近では、簡単にネットから注文できるところも増えていて、デザインから印刷までを手掛けてくれるサイトを利用するのがおすすめです。
こういったところにお願いをすれば、自分の印象をアップさせられる名刺が作れるのではないかと考えられます。

名刺のデザインのポイント

ネットで名刺を作れるところはたくさんあるのですが、デザインのポイントはあるのでしょうか。
デザインのポイントとしては用紙の大きさや素材、文字などに注意しながらデザインをしていくのがポイントになります。
用紙については日本の名刺の標準サイズが91mm×55mmです。
通常ではこれが最大のサイズなので、サイズを変えたい場合は縦や横でサイズを小さくすることになってしまいます。
しかし、通常のサイズと異なるものを作ってしまうと、収納ボックスなどに入れた際に収まりが悪くなる恐れがあるので、通常のサイズは変えずに用紙の素材やデザイン、文字のバランスなどでオリジナル感を演出するのがポイントです。

名刺デザイン の依頼はこちら

 

名刺をオリジナルで作ってもらうときっていくら?

名刺を作ってもらうとき、一気にたくさんの枚数を印刷してもらうため、費用としてどのくらいの予算がかかるのかを知っておきたいという人もいるでしょう。
お店では名刺が100枚で1,000円程度で販売されているように、自分でデザインしたものを印刷してもらうだけなら1,000円程度で作れます。
しかし、名刺のデザインを制作会社に依頼してしまうときは、デザイン料がかかります。
デザイン料は一定で値段が決められているものではないため、依頼する場所によってはデザイン料が高かったり安かったりする場合もあります。
デザイン料としてはカラーや文字入れのみの場合は3,000円〜5,000円程度で済むのですが、イラスト付きの場合は10,000円〜30,000円程度の予算が必要になってしまうこともあります。

名刺のデザインを依頼するときは必要事項もきちんと入れてもらおう!

企業や会社で名刺を作成してくれる場合は、必要事項が全て記載されているのですが、いざ名刺を作ってもらおうと考えると、どんな情報を載せたらいいのか忘れてしまうことって多いと思います。
名刺のデザインを依頼するときは、名刺の内容として自分の名前と会社名、所属部署や役職、住所などもきちんと入れてもらいましょう。
また、ホームページのURLや電話番号、メールアドレスなども必ず入れてもらうように依頼しましょう。
さらには、会社へのアクセス方法や英語名、顔写真や顔のイラストなどをデザインに加えてもらうのもおすすめですよ。

名刺のデザインを自分で制作したい場合の便利ツール!

一方で、名刺を作るのであれば自分でデザインをしたいという人も中に入ると思います。
そんなときは、便利ツールを使って名刺を作っちゃいましょう。
便利ツールを使いたい場合はFREEフォントケンサク、Free lcons Web、テンプレートBANKなどがおすすめですよ。
それぞれ特徴のあるツールばかりなので、オリジナリティの溢れる自分だけの名刺が作れると思います。
自分で名刺を作るときはおしゃれに作ったり、個性的な名刺、シックでかっこいい名刺などを作ってみるといいでしょう。